お得に中綴じ印刷を依頼するための情報~ドンドン印刷術~

オペレーター

印刷の価格について

印刷機

印刷の価格はどうやって決まるのか

中綴じ印刷にかかる金額は、どのような方法を取るかによってさまざまである。ここでは、チラシまたはフライヤー印刷でみていきたい。チラシもフライヤーも、意味合いとしては同じである。しかし印刷業界においては、名前の違いはサイズの違いと考えて良い。チラシの方がサイズが大きく、扱っている紙は薄め。フライヤーは小さめサイズに対応していることが多い。紙は厚めである。中綴じ印刷する際の金額は、サイズの他に枚数によるものが大きい。枚数が多ければ多いほど、料金は下がることになる。また、何色使うのかによっても変わってくる。色使いが鮮やかであれば、人の目を引くことになる。訴求力が高いものを求めるのなら、それ相応の価格を想像しがちである。だがそんなことはない。質が高いうえにリーズナブルな印刷こそが、今や時代の主流である。

歴史を踏まえて、さらに広がる未来

印刷の歴史は古く、木版によるものが7世紀にはあったとも言われる。日本においては、平安時代より始まったともある。そして1800年代半ばには長崎で、洋式印刷が始まる。その後長らく、世界においてさほど変化はなかった。だが、現代に近づくとデジタル化が急速に進む。その結果、現在の印刷はかつてないほどに幅が広くなった。色の種類の多さは、この世にある色がすべてそこで再現出来るかのようである。サイズも紙の厚さも、自在である。紙の種類を選ぶことで、手触りさえもコントロール出来るのである。折ることでパンフレットとしたものもある。それだけで使用目的が違ってくる、そんな面白さがある。カタログもある。名刺やカレンダーや封筒もある。印刷の幅は、まだまだこれからも広がり続けていくであろう。

印刷の進化

コピー

印刷がスピーディーになったのはコンピューターの発展が影響しているでしょう。近年では印刷することが出来るプリンターの性能も上がり、格安で依頼出来る上に質もいいものが増えてきました。

この記事を読む

チラシの印刷

女性

チラシを印刷して広告宣伝活動を行なうjことは非常に良いことです。多くの人に会社の魅力を知ってもらうことができるのです。冊子を作成する費用は会社によって異なっています。

この記事を読む

冊子の印刷

カラーチャート

近年では多くの方が積極的にネットを利用して印刷サービスを利用しています。ネットを利用することによって安くて手間のかかる作業を任せることが気軽に利用できるので冊子を印刷する際には利用してみましょう。

この記事を読む

Copyright© 2016 お得に中綴じ印刷を依頼するための情報~ドンドン印刷術~All Rights Reserved.